読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sakabou Apps

Sakabou Inc.製アプリのサポートブログ。

iPhoneアプリを作成する上で読んだ本

とりあえず、無事に一作目が出せることが決まったので、

作成ために読んだ本をまとめておきます。


ちなみに、C言語はそれなりに書けるところがスタート地点でした。




基礎からのiPhone SDK 改訂版

基礎からのiPhone SDK 改訂版

文字通り、基礎からということで。

デジタル時計やスライドショー、メモ帳などのサンプルを用いて学べ、
iPhoneアプリ作りがどんなものなのかがわかりやすかったですね。







iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス

iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス

iPhoneアプリのUI部分に関して詳細に記載してあります。
導入部を除いて、この本の中ではInterface Builderは使われていませんでした。
IBを使っていない分、詳細まで理解しやすくなっています。
アプリを作るときにも、UI部品についてどうだっけなと思ったらこの本を見返しています。








詳解 Objective-C 2.0 改訂版

詳解 Objective-C 2.0 改訂版

iPhoneアプリ用の本というわけではありませんが、
Objective-Cで書くんだから、Objective-Cについて書かれた本がほしいなと思い、買いました。
これで言語を学んでおいた方がスムーズに開発できると思います。







iPhone SDK アプリケーション開発ガイド

iPhone SDK アプリケーション開発ガイド

ここまでの本とネット上の情報でほぼ充分だったので、
実はまだ全てに目を通してません・・・。
ただ、付録Aとして載っている、Core Graphicsフレームワークについての記載は非常に参考になりました。
他にもSDKの細かいところまで解説されているので、一冊あると便利だと思います。



結局、一作目までは、この4冊のみでした。
C言語がある程度わかれば、これらとネット上の情報で充分です。


ただ、Xcode4 になってから、いろいろ本とは違った部分が出てきています。

そうすると一番始めでつまづいてしまうので、
いまからはじめようという方は、
ある程度慣れるまでXcode3を使うか、ネットでXcode4についての情報を集めておいた方がよいかもしれません。
ちなみに、上記の本はXcode3時代のものです。